最近の記事

2018年06月22日

〈音源あり〉「ラムのラブソング」最初のデモ音源 音楽交流サイトで公開[06/22]

1 :しじみ ★:2018/06/22(金) 20:30:31.15 ID:CAP_USER.net
テレビアニメ「うる星やつら」の初代オープニング曲「ラムのラブソング」のデモ音源をアニメの音楽を担当した
安西史孝さんが音楽交流サイト「nana」に投稿した。

数多くのミュージシャンにカバーされた有名楽曲のデモ音源が何故、いま公開されたのか。

■レコード会社に無視された存在だった

安西さんは2018年6月20日に、
「うる星やつらのオープニング、ラムのラブソングをレコーディングするために
作曲者の小林泉美さん(ミミちゃん)が作った最初のデモ音源です(1981年の初夏頃)」と説明し、投稿した。

音源は1分29秒の長さで、演奏はキーボードとリズムボックスのシンプルなもので、ボーカルは小林さん本人。

この曲の作編曲と作詞の一部を小林さんが出掛け、
作詞には小林さんの他に渡辺真知子さん「かもめが翔んだ日」などで知られる作詞家の伊藤アキラさんも加わっている。

そのため、実際にアニメで使われたものと歌詞が異なる部分や、スキャットになっている部分もある。

テレビアニメ「うる星やつら」は1981年から86年まで、フジテレビ系列で放送された。
オープニング曲は何度か変わっているが、「ラムのラブソング」は松谷祐子さんが歌唱。
放送第1回から約2年間使われ、知名度と人気が最も高い。

安西さんは、今回、この音源が公開された経緯についても明かしている。
それによると、5月に静岡県伊東市の「キティ伊豆スタジオ」で行われた公開収録イベント
「オタク・スピリット・セッションズ」で小林さんと久しぶりに再会。
その際に話した結果「せっかくだから公表しよう」との結論になったという。

また、安西さんはツイッターで
「Box セットとか色々やる時、レコード会社にネタとして教えてあげてたのに無視するから(笑)」と
かつて商品化の提案をしたこともあったと明かしている。

公開サイトである「nana」では、

「えーーー!!! そんな貴重な音源の公開ありがとうございます!」
「うわーっ!これは貴重すぎて震えましたわっ!!!」
といった反応があったほか、ツイッターでは曲についてはよく知っている利用者から、

「デモ音源いい...! うる星やつらあんまりよく知らないけどラムのラブソング好き」
と、この曲の知名度を物語る投稿もあった。

音源はこちらで公開されている。

■リンク:「ラムのラブソング」最初のデモ音源
https://nana-music.com/sounds/03e4ccb9/




https://www.j-cast.com/2018/06/22332058.htm



続きを読む
posted by anime at 21:18 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゆるキャン△」、ファンが無断立ち入り写真撮影 「聖地」山梨のキャンプ場管理人が激怒[06/11]

1 :しじみ ★:2018/06/22(金) 11:56:06.98 ID:CAP_USER.net
テレビアニメ「ゆるキャン△」の舞台だとされる山梨市内のキャンプ場の管理人が、
「聖地巡礼」に来る一部ファンのマナーの悪さに怒っているとツイッター上で紹介され、様々な意見が出ている。

夜景がきれいと人気のあるパインウッドオートキャンプ場で、管理人は、J-CASTニュースの取材に対し、
「常識が分からない人が多すぎる」と不満をぶつけた。

■ファンが撮影を断られたとツイッターで報告

「ゆるキャン△」は、キャンプが好きな女子高生たちの日常を描いた漫画が原作で、
月刊漫画誌「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)に2015年7月号から連載が続いている。
アニメ化されて、TOKYO MXテレビで18年1〜3月に毎週放送されるなどした。

パインウッドオートキャンプ場には、ファンが「聖地巡礼」で訪れているが、
ファンの1人は2018年6月9日、この日に訪問して管理人に写真撮影の許可を求めたものの、
ファンのマナーが悪いとして断られたとツイッター上で報告した。

ファンが無断で敷地に入って撮影していくとして、管理人は、かなり怒っていたという。
このファンは、管理棟に出向いてあいさつし、撮影を断られたので、
キャンプ場の雰囲気だけ味わい、お礼を言って帰ったとしている。

このツイートは、ネット掲示板上などでも話題になり、無断で敷地内に入るファンらに厳しい声が相次いでいる。

■「常識が分からない人が多すぎます」

一方で、
「良い宣伝になってシーズンの利用客が増えるのに」とキャンプ場は
もっとファンを有効利用すべきだといった声や、
「マナーの悪い一部のファンのせいで楽しみが減ってしまうのは残念」との不満も漏れていた。

パインウッドオートキャンプ場の管理人は6月11日、取材に対し、
9日の土曜日はキャンプ利用者が定員に達しており、ツイート主には写真撮影を断ったかもしれないと答えた。

そのうえで、聖地巡礼に訪れるファンについては、怒りをぶつけた。

「常識が分からない人が多すぎます。無断で入る人は、土日を中心にこれまで数十件もあり、
夜中だって来る人はいます。『こんにちは』などと言ってあいさつに来る人は、
10人に1人ぐらいですよ。ペットボトルなどのゴミを捨てていったりして、迷惑しています。
物置や自販機の物や、お客さまの所有物がなくなったりしたこともありました」
あいさつに来れば撮影をOKしたいと言うが、ケースバイケースで対応しているそうだ。
マナーが悪い人が多いとして、行政が観光マップに載せたいなどと言って来ても、断っているのが現状だという。





https://www.j-cast.com/2018/06/11331077.html



続きを読む
posted by anime at 15:18 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

「ジョジョの奇妙な冒険」第5部「黄金の風」TVアニメ化!10月に放送開始

1 :ひかり ★:2018/06/21(木) 16:53:41.53 ID:CAP_USER.net
荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」第5部「黄金の風」のテレビアニメ化が決定した。

これは本日6月21日に東京・国立新美術館にて行われた「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の記者発表会でアナウンスされたもの。ジョルノをはじめとした
キャラクタービジュアルも解禁されており、アニメの放送は10月にスタートする。

「黄金の風」はイタリアを舞台に、ギャングスターを夢見る主人公のジョルノ・ジョバァーナとその仲間たちの生き様を描いたシリーズ。第1部から第4部までの
「ジョジョの奇妙な冒険」テレビアニメシリーズでディレクターを務めてきた津田尚克は総監督に就任し、木村泰大と高橋秀弥の2名が監督を担当する。
このほかシリーズ構成はこれまでと同様に小林靖子、キャラクターデザインはメインスタッフとしてはシリーズ初参加となる岸田隆宏、アニメ―ション制作は
引き続きdavid productionが務める。

また本作の第1話を先行上映するイベントとして、7月5日に東京・イタリア文化会館のアニェッリホールで「ジャパンプレミア」、日本時間同日の夜にフランス・パリで
開催されているJapan Expo内で「インターナショナルプレミア」、日本時間7月7日にアメリカ・ロサンゼルスで開催されるAnimeExpo内で「USプレミア」を行う。
「ジャパンプレミア」にはアニメのメインキャスト、「USプレミア」には津田総監督が登壇。「ジャパンプレミア」への参加を6月26日23時59分まで
抽選で受け付けている。

テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」は2012年10月から4月まで、第1部と第2部を放映。2014年4月から9月と2015年1月から6月にかけて第3部、
2016年4月から12月まで第4部が放送された。なおコミックナタリーでは本日の記者発表会の模様を追ってレポートする。

テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」
放送情報
2018年10月より放送開始予定

スタッフ
原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊)
総監督:津田尚克
監督:木村泰大、高橋秀弥
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:岸田隆宏
総作画監督:石本峻一
スタンドデザイン・アクション作画監督:片山貴仁
プロップデザイン:宝谷幸稔
美術設定:滝れーき、長澤順子、青木薫
色彩設計:佐藤裕子
美術監督:吉原俊一郎、加藤恵
撮影監督:山田和弘
編集:廣瀬清志
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:david production

テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」ジャパンプレミア
日時:2018年7月5日(木)19:15開場
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール

コミックナタリー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000069-nataliec-ent





続きを読む
posted by anime at 18:18 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする